BLOG

40代女性 腰痛

2019/09/08
ロゴ

腰痛で辛くて困っていませんか?

 

【症状】

この方は腰を曲げると腰からお尻にかけて痛みが出ていて特に右のお尻が痛く、最近は歩いていても痛くなって辛くなんとかしたく来院されました。動作確認すると、前に腰を曲げると腰の下の仙骨の際が痛くなり立つ時と座るときにも痛みが出る。右足を上げて床につくときに痛みが出る。右側が特に痛い。右側のお尻のところの骨が出っ張っている感じがする。という状態でした。

 

【検査】

太ももの前側の筋肉が張っていて、特に右側が仰向けで寝ると右の足が左に比べて浮いている状態で軽く触れると痛い。お尻周りの筋肉が張っていて仙骨の際を軽く押すと右側がすごく痛い。すねの筋肉が張っていて脚の外側の骨が動きがなくなっている。右の脚の筋肉が内側に捻れている。骨盤が歪んでいる状態でした。

 

【施術】

太ももの前側の筋肉、特に右側を緩めてあげると浮いていた脚が床について少し楽になったそうです。次にすねの筋肉を緩めて脚の外側の骨の動きを良くして右の脚のねじれを調整すると仙骨の際の痛みが無くなって骨盤がちゃんと元の位置に収まった感じがしたそうです。最後の背中から腰の張りとお尻周りの張りをとって動作確認してもらうと、腰を曲げて痛かったのが無くなり座ったり立ったりしても大丈夫になって足をついても痛いのがなくなって楽になったそうです。その後、若干戻りがありましたが4回目で全然気にならないほど楽になったそうです。