BLOG

30代女性 背中

2019/10/12
ロゴ

身体の不調で困っていませんか?

 

【症状】

この方は、4日前から背中が痛く寝ていても辛くて呼吸が浅い感じがしてあまり寝れなくなんとかしたく来院されました。動作確認すると、前屈で腰、背中に張りを感じる。身体を反る動作は背中がつっぱていてあまり反れない。左右の捻りは左右の背中が突っ張て筋肉が張っている感じがして行きづらい。腕も挙げづらく耳につかない状態でした。

 

【検査】

背中の筋肉の張りが強く触れると痛がる。腰の張りもあり筋肉が硬くなっている。肩甲骨の動きが小さい。お腹周りが全体的に硬くなっていて、特に胃の部分が硬く少し押すと痛がる。肩が前巻になっていて背中が丸くなっている。横隔膜が硬くなっていて呼吸が小さい状態でした。

 

【施術】

お腹周の硬く緊張している筋肉を緩めていくと少し背中が楽になったそうです。次に背中と腰の筋肉を緩めてあげると背中が凄く楽になって寝ていても背中が痛くなくなったそうです。肩周りを緩めて肩甲骨の動きを良くしてあげると、軽くなってすごく動くようになったそうです。最後に横隔膜を緩めてあげると呼吸が肺の奥まで入ってる感じがして呼吸が楽になったそうです。動作確認すると前屈で張りを感じた背中、腰は楽になり来た時よりも曲がるようになって、左右の捻りもスムーズに捻れ、反る動作は後ろが見えるくらい反れるよようになってツッパリや張りが動作で感じなくなったそうです。良かったですね。